2010年11月23日火曜日

成功した面も大失態した面も。TEDxYouthを開催して思ったこと

おとといTEDxYouth@Seedsを開催しました。
このイベントは20代の活躍している日本人にアイデアをプレゼンしてもらうというもの。
今回20代のTEDは日本で初めてで、僕はディレクターをやりました。





場所は慶應大学日吉キャンパス。
観客は満員でした。
















当日はトラブルが続々・・・

当日はトラブル続きでかなりテンパリました。
・アーティストのスプツニ子さんという方を最後の締めにおこうと思っていたのですが、当日朝風邪をひいてしまわれたらしく、欠席
・最初のオープニングビデオ流れない
・会場超寒い
・岡本(自分)スピーチがド下手
などなど。

ただ予想外の出来事にあたふたしましたが、なんとかなりました。



準備不足!自分のバカ!またもやみんなの前で大失敗

















僕は挨拶とTEDについてというプレゼンをやったのですが,何故か緊張しまくりで訳の分からないプレゼンをしてしまいました。
企画を何ヶ月前から準備してきたからかな?
寝ていなかったということかな?
でもはっきりとしていたのは他のことに一杯一杯で完全準備不足だったということ。
他の登壇者は超立派にプレゼンしているのに、自分だけ言葉忘れてしまったり、あたふたしてしまい、完全にやってしまいました。
プレゼン終わった後、「うわ・・・終わった・・・」と泣きそうになりました。
見ていた皆さん、お見苦しいプレゼンしてしまってすいません!
そしてメンバーのみんな、本当にすいませんでした!
自分ディレクターなのに何しているの!!
これは、ものすごく凹みました。
もっとプレゼンうまくなったり、緊張しなくなるように頑張ろうと思いました。
自分は準備しないと絶対に出来ない人なので、今後は準備しっかりとやろうと反省しました。


登壇者の、プレゼンは評判高

















登壇者は僕と違ってプレゼンが超うまかったし、内容もしっかりしていたので、評判が高かったです。
実は6人の登壇者ともプレゼン内容を何度も何度も詰めまくったので自信は一応ありました。
(徹夜をして一緒にプレゼンを作った人もいます)
・バングラディッシュでイーランニングをやっている税所くん、「不可能」がないこと
・写真家安田さんは写真というものを使いながら少しずつ世界を変えて行くということ
・清水さんは、答えを1つだと考えずに何でも「問題化」するべきということ
・サイクリニスト山崎さんは、目標を人に言ってみることということ
・書道家の永田さんは「伝統の残し方」
・物理学者の村主さんは、人間について、宇宙とプログラミングが教えてくれたことということ
などなど。

参加した人によると、ジャンルが全然違う話を短い時間(平均6分くらい)の時間で聞けたのですごく刺激的だったらしいです。
準備しっかりとして良かった!















当日のプレゼン内容は上の写真のようにビデオで取りましたので、後日TEDxYouth@Seedsのサイトで見られるようにしますので是非そちらをご覧下さいね。





交流会のショートプレゼンも評判高























交流会のときに3分プレゼンを参加者から公募で募集し、行ったのですが、こちらも評判が高かったです。
6人プレゼンを行いテーマは「宣言」

・有機野菜を日本に広めて行くという宣言
・老人ともっと話してみるということを勧めるもの
・写真を通じてもっと多くのことを伝えて行く


などなど字面では伝わって来ないすごい素敵なプレゼンでした。
こちらもサイトで見られるようにする予定です。


最後に


















このイベントをオーガナイズして、今回様々なジャンルの人と話しました。
そのことで自分自身の視野がものすごく広がりました。
そして元気な20代が日本にはいるということにも気づけ、すごく刺激的でした。
自分ももっともっと頑張らねばと思ったきっかけになりました。
またこのイベントが良ければ来年も行おうと思っています。
今回は参加してくださった皆様本当にありがとうございました。
参加していない皆様も後日動画をアップしますのでもう少しお待ちくださいね。


おまけ

今回アメリカのTEDのプレゼンを数個参加者の方に動画で見てもらいました。
すごく面白かった!という人が多かったので、以下に貼っておきますね。



アドーラ・スヴィタク 「大人は子供から何を学べるか」



デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」




マット・リドリー: アイディアがセックスするとき



プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー




交流会で再生できなかった
デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」