2011年1月24日月曜日

「Facebook就活」をオススメする3つの理由

▶はじめに

今日週刊ダイヤモンドで、「Facebookを使う就職活動生」として取り上げられました。



”Facebookで就職活動”というのがキーワードになりメディアに出演したのですが、まだまだメディアには出していないFacebookコネクションサーチの魅力があります。
そこで今日は、そのFacebook就活の3つの魅力を書きたいと思います。

▶使い始めたのは去年の10月

きっかけは、Facebookとリクルートのニュースでした。

Facebook、就活生をサポートする新アプリケーション『コネクションサーチ』を本日公開

リクナビ2012と連動して就職活動仲間や内定者、OB ・OGとの「つながり」を生む


この記事が出たのは10月だったのですが、色々な人に会ってみたいなと思い、コネクションサーチを登録してみました。



▶どのようなフローで使ったの?


登録をするためにまず、コネクションサーチに飛びました。
http://www.facebook.com/connectionsearch

そこで「大学名」と「興味ある業種」を選びます。



そうすると、志望業界が同じ同級生、そして内定している先輩が出てきます。
個人的にはこれは使っていないです。



こちらが僕が使った方で、自分の大学で志望業界にいる人が出てきます。


僕は、ITに興味があるので、以前から気になっていたsaibouzu.netの代表の方にメッセージを送りました。
すると3分後にすぐにメッセージが帰ってきました。
その他にも出前館の方にもお会いしました。
2人ともすごく親切にしてくださり、今でも色々と相談に乗ってもらっていたりします。
やっぱり、「同じ大学」というのがすごく良いなと思いました。

▶3つの魅力

コネクションサーチって良いよってことをメディアでもかなり言われていますが、実際はどこが良いのか?
僕は3つあると思っています

①「自分が魅力的だと思った人」にダイレクトに会える


Facebook上で色々なキーワードで検索して、この人に会いたい!と思った人にダイレクトでメッセージを送れるのはとてもいいです。
これは就職活動でなくても使えるのではないでしょうか。

②会う前に相手のことを理解できる

その人が普段どのようなことを書き込んでいるのか、何が趣味なのかなどが分かるので、その人のことをかなりリサーチできます。
また、「自分と共通の友達」も見られるので、もし共通の友達・知り合いがいれば一気に距離が縮まります。


 ③登録している人は情報感度が高いので面白い


今だけかもしれませんが、現状でfacebookを使っている方は情報感度が高い方です。
そのため、メディア系とかに行きたい人とかはこれはとても活かすことが出来ると思います。
しかも、ただ登録しているだけだと友達が少なかったり、ウォールに書き込まれていなかったり、設定が出来ていなかったりするのでfacebookを使いこなせているのかというのはすぐに分かります。

以上の3つのことが良いことだと思っていて、これは上にも書きましたが就職活動以外でも活かせると思います。


最後に

このサービスで意外と障壁だったのは、メッセージを送ることです。
知らない相手に対してメッセージを送ることはやっぱり気が引けたりします。
相手としてもいきなりメッセージが来て会うのはハードルが高いです。


そのため、本当に魅力的で会いたい!と思った人に対してじゃないとミスマッチが生まれるのではいかなと思います。
基本的なことですが、しっかりと敬意を払って
・なぜあなたに会いたいのか
・どんなことが話したいのか
というのを具体的にしてメッセージを送るのが良いと思います。

僕もこの機能を使って、就職活動以外でも魅力的な人がいたらバシバシ会いたいです。
学生だからこそ出来ることだし、まだみんなが使っていないからこそ色々な人が会ってくれると思います。
是非就職活動生に限らず他の学生の方も使ってみてください。

最後にFacebookをまだ使いこなせていない方は今週号のダイヤモンドを買うと良いと思います。どう使えば良いのかのHow toなどが書かれています。


▼Facebookからコメントが出来るので、感想はこちらにどうぞ