2011年6月30日木曜日

「音楽と広告」に出演してきました!

昨日の夜10時にUstream番組「音楽と広告」に出演してきました。
司会は、望月衛介さんというピアニストの番組です。
1970年10月27日生まれ。 東京都出身血液型O型
1993年 慶応大学経済学部卒。

4才よりピアノを始め、さまざまなジャンルの音楽に影響を受ける。
高校時代から本格的にバンド活動を始めると同時に、フュージョン系アーティストとして作曲活動も続ける。
大学2年(1990年)の秋、1stアルバム 「Waitin'for You」(BMGビクター)でピアニスト、コンポーザーとしてプロデビュー。同時期にBBクイーンズ のメンバーとしても活動、同年レコード大賞受賞、紅白歌合戦出場。アルバム4枚、シングル5枚をリリース。
僕の他にも今回は学生団体applimの代表 矢ノ目さんも登場。

テーマは学生団体についてで、その存在意義や継続性を話しました。
学生団体って、現れてはすぐ消え、現れてはすぐ消え、の繰り返しについてが一番盛り上がりました。
学生団体applimの矢ノ目さんは、「目的が達成したらもう解散してもいいと思っている」ということを言っていて確かになと思いました
僕は継続することを前提に考えていたので、ハッとなりました。


最後に望月さんからmy Japanへのダメ出しをいただきました。
my Japanは、運営しているけど実際につくっていない。
10年後の日本とか言っているけれども、運営している自分たちはどう考えているのだということを言われました。そして実際に自分たちが出したテーマでCMを作ってみることを勧められました。

確かに自分たちでも作らなくては!という危機感は常にあったので痛い一言。
作ります!と宣言すると 望月さんが曲をmy Japanに預けてくれるということ!
これは、ガチで作らなければ・・・!!

すごく素敵な曲で「play for japan」という曲です。
3.11のときに天から降ってきたメロディーだそうです。

7月で頑張ってつくろうと思います。
どんなものをつくろうかな、とウキウキしながら帰路を辿りました。