2011年8月16日火曜日

刺激を受けてきた。京都遠征。




8月12日〜14日まで、京都に行ってきました。
月世界旅行社という京都造形芸術大学の学生が作った映画製作上映集団が主催するオールナイト映画祭にmy Japanを告知に行くためです。

京都では、様々な人、もの、建物、芸術と出会いました。
そこでインスピレーションと刺激をもらってきました。


京都の学生はすごかった。刺激受けてきました。

今回、オールナイト映画祭をはじめ、他にもイベントや飲み会に行き様々な人と出会いました。

オールナイト映画祭では京都、大阪周辺で映画を作っている学生と出会いました。
このイベントでは文字通り、映画をオールナイトで見ます。
映画の内容は、ほとんどが学生が作ったもの。
レベルは、すごく高かったです。



場所は町屋スタジオという京都の町家造りのところでやりました。
入り口はこんな感じ。
中はこんな感じ。
焼きそばも出ます。他には水餃子、ビールなど。
お祭り感覚ですね。
立命館大学、近畿大学、京都精華大など様々な大学の人がいて、
かつ誰しもが何かしら自分の映画を作っている人たちばかりで、
ものすごく刺激を受けてきました。
やっぱり自分で作りたいものや、作ったものに対する誇りがすごいのだよね。
目がギラギラしている。
この環境は本当にいいと思いました。


この日はオールナイトで映画を見て、次の日は京都国際学生映画祭に行きました。
このコンペの最優秀作品を見たのですがものすごくレベルが高かったです。
ってかプロでしょ!ってくらい。
また海外からの作品もレベルが高かったです。
学生の映像はやっぱりすごいなと改めて実感
最後に、飲み会。


これはmocoという関西の学生フリーペーパーの代表の方とTOHOシネマズ学生映画祭の関西の元代表の方がセッティングしてくれました。





来たのは、もうすでに自分で起業して仕事をしている写真家の大学生やShake art!という美大生のフリーペーパーの代表と副代表、京大の建築に行っていて建築のコンペの代表もやっている学生(この人に泊めてもらいました)、アートオークションをする団体の代表などなど、いかついメンバーでした。


世の中にはすげー学生がたくさんいるのだなと改めて思いました。
京都はすごい。
なんか東京よりも元気で、一つ一つの質が高くて洗練されている。

今回すごく凄く刺激を受けてしまいました。
自分も負けてられない!と気持ちを持ちなおして東京で過ごしています。

東京の方は是非京都に行くとすごく刺激を受けると思います。
人の面もそうですし、建築や歴史、美術においても本当に素晴らしいです。

今回京都に本当に良かったです。
でも暑かったのが唯一の難点。

秋に行くことをお勧めします!