2011年3月28日月曜日

my Japan2011メンバー募集します。

はじめに

僕は1年のときから学生団体adoir(アドワール)という団体を立ち上げ、
「学生のエンパワーメントを最大化し、日本を元気にする」のコンセプトのもと、
CMコンテストをずっと続けてきました。

1年のときは、大学生CM甲子園
2年のときは、Soicial CM Award(社会問題のCMコンテスト)
3年のときはmy Japan(日本を表現するコンテスト)と1年のときにやった学生CM甲子園をTBSで番組化。
そして今年my Japanを再び行おうと思っています。


my Japanとは??



my Japanとは、学生が日本を発信するウェブサイトです。

「一人一人が日本を語れる世の中を作る」がコンセプトで日本を表現するCMコンテストを中心に行っています。

”クリエイティブ”&”コミュニケーション”により、日本の人も世界の人も『自分にとっての日本』、つまり『my Japan』を持ってもらうというのが目標です。

去年はガイドブックにない日本の良さをテーマに200本以上の作品が上げられてきました。
参考:http://my-jpn.com/

どういう想いでやっているか



僕がmy japanをやろうと思ったキッカケは、フランスに行ったときのこと。
フランス人に日本のことを聞かれ、全然答えられなかったのが悔しくて始めました。
日本人が日本のことを話せない、これからの日本を考えられないというのは非常に課題だと考えています。
my Japanが多くの人に見られ、「日本を知る=my Japan」になれるようなイベント、サイトにしたいです。

今年のテーマ


CMコンテストの今年のテーマは、「10年後の日本の未来」。
去年は「ガイドブックにない日本の良さ」でしたが、
今年は様々な人に希望が出るような10年後の日本の未来を映像化してもらい、
見た人に日本に対して明るく思ってもらうということをやりたいと考えています。
地震もありますが、少子化、国家破綻など未来に対して日本人が明るく思えていないというのは非常に課題だと考えていて、今年はそこを解決したいです。
日本人が未来を考え、明るくなれる、希望を持てるということをやりたいです。


CMコンテストだけではありません

CMコンテストだけでは、以上のような目標は達成出来ないと考えています。
今年は、日本をより深く知ってもらえるようなイベント、さらにウェブコンテンツも充実させます。



審査員や後援について

my Japanは去年豪華な審査員がつきましたが、今年も着々と審査員がついています。
NHKトップランナーや東京メトロのCMで有名な箭内道彦さん


カンヌ広告賞の映像部門で日本人として10年ぶりにグランプリを穫った伊藤直樹さん


サントリーDAKARAや伊右衛門のCMで有名な中島信也さん


などなどもうすでに豪華な審査員が就いています。
また後援に関しても今年は、観光庁と経済産業省を現在打診しています。


メンバー募集します!

今回スケジュールとしては4月から8月の開催を予定しています。
そこで運営メンバーを募集します。






■募集している仕事



【企画・運営】
my Japanの企画&運営をしてみたい
(参加者に対応、イベントの運営など)
【広報・PR】
・my Japanの広報やPRをしてみたい
(私たちはより多くの人にmy Japanを知ってもらうために広報を大切にしています。去年はNHKやTBS、朝日新聞などに掲載されました。)
【クリエイティブ】
・映像、グラフィックなどmy japanのクリエイティブを担当したい方
(イベントポスターや告知映像、イベントの装飾など)
【グローバル】
・英語&フランス語&中国語など言語を利用して仕事がしてみたいという方
(my Japanは海外に発信します。ちなみにmy Japanのfacebookページの会員数は1000名を超えています。)
【Web】
・ウェブを作れるor作りたいという方
(my Japanはウェブは自前で作っています)
【ライター】
・日本についての記事を書きたいという方
(ライター志望でも、日本について興味ある方でも構いません。伝統や技術など日本についての記事を書く予定です。)


■対象となる方



・しっかりとコミットしてくれる方
(毎週土曜日10時〜12時のミーティングには必ず出席&担当ごとのミーティングも出席)
・my Japanを成長させたいという想いがある方
・ITスキルを上げる意識がある方(ITスキルは問いません)
・日本を世界に発信して行きたい、日本人に日本の再発見の場を作りたいという方
・成長意欲がある方
・一緒にプロジェクトを行う仲間を大切に出来、思いやりがある方

■得られるもの



・イベントの運営経験
・自分たちで考えてプロジェクトを行うということ
・Cool Japan、観光立国など国が目指している方向性の仕事を、様々な人と出来る
・海外からの日本の評価などが分かる
・海外の人と触れ合うことが出来る
・ウェブについて詳しくなる
・日本の一流の方と触れ合うことが出来る
・人との付き合いが増える


■条件


毎週土曜日10時からのミーティングに出席出来る方(2時間程度)
担当ごとの週1のミーティングに出られる方(2時間程度)
毎日メールを見られるという方


■注意点

※私たちは広告の団体ではありません。
※デカイことやりたいと思ってやっているわけではありません。
※給料は出ません。
※どんな学校の方でも大丈夫です。


最後に

私たちは能力があるないに関わらず想いを持っている方を募集します。
日本を一緒に変えて行きたいという方、是非募集しています。
エントリーは以下のURLからお願いします。
http://bit.ly/hxLfgD


※参考

■my Japanのメンバーの写真




■my Japanの掲載記事
http://greenz.jp/2011/03/11/myjapan/

■ちょっと古いけど担当ごとの紹介ビデオ



■なぜか台湾のテレビに取り上げられたときの映像



■my Japan Facbookページ&Twitter

Facebookページ
Twitter

2011年3月22日火曜日

育児、災害など普段考えないことを。

今日は、午前中はETICの経営相談会という起業家育成のプロジェクトのMTG、午後は講演会の手伝いをしてきました。

講演会は今回、東日本大震災を受けての緊急チャリティーイベントでした。
ゲストは
港区議員に挑戦している清家あいさん
ワークライフバランス株式会社の小室淑恵さん
外資コンサルヘッジファンドを経てクックパットで活躍する藤井亮助
段取りの神様で書店の平積み本を出している吉山勇樹さん
です。




講演会の内容は
・地震の災害について(藤井さんが阪神淡路大震災のときに被災に合われていたので、それを教訓に今回感じたことを話しました)
・ワークライフバランスについて(小室さんがワークライフバランスというのはどういったものか、そして今だからこそ求められるワークライフバランスを話しました)
・港区の待機児童について(清家さんが港区の待機児童の現状について話しました)
でした。


テーマが非常にバリエーションがあり面白かったですし、
ゲストの人の話も面白かったです。


今日勉強になったことは
【地震について】
・災害は知識をつけ、日常から備えておくべき(地震のときはトイレの水が困るのでお風呂に水を溜めておくべきなど)
・色々な情報網や価値判断基準を作っておくことで、自分なりに情報をしっかりと判断することはとても大切


【ワークライフバランスについて】
・育児はしっかりと父親がやらないといけないということ(父親がやらなければ母親が1人で子育てを抱え込むことになり、最悪虐待などにつながってしまう)
・日本は先進国で仕事効率が最悪、残業時間が長過ぎる。これからはITを使い効率性を上げるべき


【待機児童について】
・港区だけじゃなく他のところでも相当待機児童は増えている。国は予算を出しているのに、市など行政が住民のニーズに気づくことなくこの問題が増えている。
・自分は関係ないようだけど、実は結構近いうちにこういった問題に直面するかもしれないからこれはしっかりと考えておくべき


ということです。
また吉山さんの段取りがものすごかったです。
ファリしテーターが吉山さんだったのですが、ものすごく考えられたプログラムで段取り本当に大切だと思いました。
吉山さんは段取りの本をたくさん出しているのでこの機会に買おうと思います。
段取りは何事にも必要なので、この機会にスキルを身につけることも良いかな。


今日は普段考えないことをたくさんインプット出来てとても良かったです。
子育てや災害などはあまり考える機会がないけど、今のうちから考えておくことは本当に必要だなと思いました。



2011年3月14日月曜日

公共広告をみんなで作って発信して行こうプロジェクト

はじめに

僕はadoir(アドワール)というCMコンテストを運営する組織をやっているのですが、今日 @hot_chiri @micronheads @zubababa とのMTGをしていて、1つのアイデアを思いつきました。
結構無謀なアイデアだけど本当に出来るのであればやろうと思っています。
以下アイデアの内容です。


公共広告が流れたけど・・・

今日から、テレビ局もCMを流し始めました。
みなさんもお気づきだとは思いますが、企業が広告を嫌がったのか公共広告ばかり。。。


しかし、過去に作られたCMなので、今回多くの人に啓発すべき「募金する」や「節電」がない。
みんなで公共広告を見ていて、
「公共広告はすごい素敵だし胸を打つ広告ばかりなんだけど、
こんなピンチのときだから、”今に合った公共広告”、
例えば
”ここに募金をしよう”
”電気は絶対に消さないとヤバいよ”
”外国人に話しかけて安心させてあげよう”
とかを流すべきなんじゃないか」

という意見が出ました。

私たちは過去にSocial CM Awardという社会問題のCMコンテストを過去に行いました。
そんなもんだから
「であれば、みんなで作っちゃえばいいんじゃないの?」
という風になりました。

公共広告をみんなで作って発信して行こうプロジェクトやりたい

そこで今回やりたいことは、プロのクリエーター、アマのクリエーター構わず今の情勢に合った公共広告のCMを集め、(出来たら)テレビに流したい。ということです。


名付けて

公共広告をみんなで作って発信して行こうプロジェクト
(かっこわるい。プロジェクト名は要相談・・・)

難しいかもしれないけど、「節電」「募金」などのCMを作って出来ればテレビで流したいです。

仕組みとしては、
①プロジェクトサイトを1つ作り、そこからCMを募集する。
②著作権問題とかが心配だけど、そこをクリアして良いCMが実際にテレビで流れる
というもの。

もし出来たら、少しでも日本を良い方向に向かわせることが出来ると思うので、やってみようと思います。
映像というものはとても訴求力がありますし、今の状況を見ると絶対に現状と合った公共広告を流すべきだと思います。
テレビとかどうなのだろうとも思いますが、公共広告の人に問い合わせようかと思っています。
ちょっと出来るか出来ないか分かんないけど動いてみます!