2012年4月16日月曜日

「経験」が大切なお年頃

2011年、2012年と思い返せば、僕はものすごくたくさんの、そしてものすごく深い経験をしたなと思います。

震災が起こりボランティアに行き、命の儚さ、自然の恐ろしさ、そして日本の現状を目の当たりにしたり、
myJapanをやり、周りの人に色々なことを言われながら様々な挫折を味わうと同時に、
経産省など国の人、そしてものづくり企業など地域の人との触れ合い、日本を変える意義を感じたり、
はたまた、政治家のボランティアをして政治の問題を目の当たりにしたり、
シリコンバレーに自分で日本のものづくりの映像を撮って行き、韓国や中国のプレゼン力の高さに愕然したり、
TEDxTokyoの運営に入って半分外国人の中で仕事して、「idea」の大切さを感じたり、
自分で起業してお金を回してみて、「自立する」ことの難しさを感じたり。。。


これまでにはないほど、日本の環境も自分の周りの環境も一辺倒に変わってしまい、時に高揚し、時に孤独になり、時に思い悩み・・・
それでも、なんだか言葉にはできないほど、感じることが増え、「大人になったね」と良い意味で周りにも言われるようになってきました。

僕は今大学5年で、非常に瀬戸際であるわけですが笑、様々な経験ができるコトに非常に喜びを感じています。
今年で24歳にもなり、もう完全に大人ですが、それでもまだまだ成長している実感があります。
むしろ、2〜3年前にはなかったような、自分の中の大きな変化を感じています。


最近、大学時にどんなことやればいいかみたいな話になりますが、それに対しては迷わず「経験!!」と答えます。
勉強ももちろん大事ですが、外に行って、大学生という身分で、いろんなことを経験させてもらえる場はたくさんあります。

地域に行って酒を交わしながらおっさんと交わす会話、
被災地に行って言葉にはできない感情を味わう瞬間、
海外に行って死にそうになった日の暖かい夕日、、、

どれもこれも、今の歳で感性がいくらでも広がる可能性を持っているのだからたくさんたくさん経験すべきだと思います。

大切なのは、良い人に出会い、良い経験をすること。
変な大人についていかず、尊敬できる大人についていき、経験させてもらうこと。
それが本当に大切なんじゃないかなあと思います。

ソーシャルメディアで目立つこともいいけど、もっと大切なことはソーシャルにはなく、人や現場に依存しています。

そういったことに気づいた人こそが、大きく成長でき、次の日本を作り上げる人になるのだろうなと思います。

「経験」を大事にする人になりたいし、自分の周りも「経験」を大切にする人が増えて欲しいな、そう考えています。
2012年もたくさんの「経験」ができるように、頑張りたいなと思います。