2012年10月28日日曜日

TEDxKids@Chiyodaに行ってきました。



今日は知り合いの青木さんがやっているTEDxKids@Chiyodaに行ってきました。
感想から先に言うとものすごくコンテンツとして完成され、洗練されていて刺激されてきました。

会場の装飾から、スピーカーの選び方まで、もう本当に最高だなと思いました。

特にスピーカーの選び方はとても良くて、キーワード(教育とか再構築)を軸に登壇者を選んでいるので、聞いている方としてはとても分かりやすかったです。

例えば、これとは逆にTEDxTokyoでは、「idea worth spreading」が満たされれば即OKって感じですが、それって登壇者の種類がばらけてしまうのですよね。
それは良い意味で言うと、アイデアの幅があり、聞いている人にとっては頭の中で何かものすごい核融合がおこる可能性がある。
悪い意味で言うと、ばらけすぎていて、メッセージ性がない。

まあどちらが良いとはここでは言及しませんが、今日のテーマとそれに対する登壇者の選び方は本当に最高だなと思いました。

軸があることはとても良い。

今日隣にいた余力くんがやっているTEDxTohokuがもうすぐ開催されます。
あとは僕が以前いたTEDxSeedsももうすぐです。

TEDxの質はスピーカーのキュレーションやテーマの選び方にかかってくるのですが、他のTEDxはどんなスピーカーキュレーションをしてくるのか楽しみですね。


それと今日は一番刺激を受けていたのは、税所くんなど同年代や下の年代の活躍です。
早くTED出られるくらいにならないとなとつくづく思います。