2012年10月28日日曜日

TEDxKids@Chiyodaに行ってきました。



今日は知り合いの青木さんがやっているTEDxKids@Chiyodaに行ってきました。
感想から先に言うとものすごくコンテンツとして完成され、洗練されていて刺激されてきました。

会場の装飾から、スピーカーの選び方まで、もう本当に最高だなと思いました。

特にスピーカーの選び方はとても良くて、キーワード(教育とか再構築)を軸に登壇者を選んでいるので、聞いている方としてはとても分かりやすかったです。

例えば、これとは逆にTEDxTokyoでは、「idea worth spreading」が満たされれば即OKって感じですが、それって登壇者の種類がばらけてしまうのですよね。
それは良い意味で言うと、アイデアの幅があり、聞いている人にとっては頭の中で何かものすごい核融合がおこる可能性がある。
悪い意味で言うと、ばらけすぎていて、メッセージ性がない。

まあどちらが良いとはここでは言及しませんが、今日のテーマとそれに対する登壇者の選び方は本当に最高だなと思いました。

軸があることはとても良い。

今日隣にいた余力くんがやっているTEDxTohokuがもうすぐ開催されます。
あとは僕が以前いたTEDxSeedsももうすぐです。

TEDxの質はスピーカーのキュレーションやテーマの選び方にかかってくるのですが、他のTEDxはどんなスピーカーキュレーションをしてくるのか楽しみですね。


それと今日は一番刺激を受けていたのは、税所くんなど同年代や下の年代の活躍です。
早くTED出られるくらいにならないとなとつくづく思います。

2012年10月25日木曜日

Ramp Up Iwateが最優秀賞に!

ついにmyJapan Award2012が結果発表されました。
今年で3年目になりますがすご〜〜〜〜くレベルの高い、過去最高にレベルが高いCMコンテストでした。



優勝したのは、去年レベルの高い作品を出しながらも惜しくも賞に入らずに、リベンジした南カリフォルニア大学の鎌田くん。
岩手県の復興活動を明るく元気に、クリエイティブに描いた作品でした。

彼が鎌田くん、話すとかなり面白い。




授賞式は、かなりドタバタしてしまって、参加者の方には大変申し訳なかったのですが無事に終えることが出来てよかったです。

また今回は京都造形芸術大学が六冠を取るという、かつてないほどの京都勢優勢の大会でした。

審査員も言っていましたが、今回はすごく審査が大変でした。
人それぞれすごく良い作品で、
審査員の見る視点や好みによってはっきり言ってすごく分かれてしまって、
どれが最優秀を取るか分からない状態でした。

コンテストって、どうあるべきなのだろう?と今回すごく考えさせられました。


まあその中でもこの作品はみんなすごく良い得点がついていました。
僕もこの作品は、美しくて、楽しくて、悲しい想いをしないので大好きです。
改めて鎌田くんおめでとう!!!



2012年10月19日金曜日

ついに結果発表!myJapan Award2012 明日決まります。

学生が日本を表現する映像コンテストmyJapan Award2012

ついに結果発表式が明日の土曜日に行われます!





場所は代官山で、一般閲覧者も少数ですがまだ募集しています。


ゲストは審査員の中島信也さん(伊右衛門のCMやカップヌードルのCMで有名)や福里真一さん(トヨタ子供店長やサントリーボスのCMで有名)、河尻亨一さん(現在の広告やコミュニケーションならこの人!)、木村健太郎さん(博報堂ケトル、ソニーのCMなどで有名)が来ます。


広告、映像というジャンルに興味がある方、日本を発信したいという方は是非来て下さい!

ちなみに今年の映像作品はこちらから。
http://my-jpn.com/award-vote/


お申し込みは以下から。
http://my-jpn.com/blog/event/final-event2012/

2012年10月14日日曜日

Creative Tokyoでプレゼンしてきました!

昨日は、Creative tokyoという経済産業省が行っているビジネスマッチングイベントにプレゼンしてきました。
テーマは地域×クリエイティブ。



1人6分の持ち時間が与えられてプレゼンするのですが、僕たちが入っているシェアオフィスのColabさんや同じオフィスのgreenzさん、またap bankなど総勢20組のプレゼンターが一気にプレゼンしました。

プレゼンを見るのは「学校へ行こう」やドラマ「トリック」の放送作家で有名な おちまさと さんやファッションジャーナリストの生駒芳子さん。

6分のプレゼンテーションはすごく緊張しましたが、結構練習はしたので無事に出来ました。
ただ、他のプレゼンと比較すると、やっぱり自分たちがまだ何をしているのかが明確に出来ていなくて、事業の考え方の甘さがとても出てしまったなと思いました。

会場で見ていたメンバーからも、「プレゼンは良かったけど、やっぱり外部から見て何の専門家なのかがよく分からない」という指摘を受け、やっぱりもっともっと自分たちの強み(もしくは強みにしたいところ)を明確にして行かないとダメだなと思いました。

そんなんで、プレゼンしてから結構落ち込んでいたのですが、終わった後様々な人が興味を持ってきてくれ、名刺交換をしました。
これはとてもうれしかった。

しかも次につながりそうな方もいて、本当に嬉しかったです。

こういったビジネスマッチングイベントというのは初めてでしたが良かった点としては、
・プレゼンしたことで自分たちを客観的に見れた
・実際にマッチングしたいところとマッチングした
でした。

こういった機会をもらえて、本当にいつも幸せだなと思います。
そして、プレゼンテーションというのは本当に大切だと思います。
自分の人生の転機は絶対にプレゼンテーションにあります。

これからもプレゼンテーションを大切にして行きたいなと思った日でした。

2012年10月2日火曜日

Creative Tokyoでプレゼンします。

13日に行われるおちまさとさんプロデュースのCreative Tokyoのイベントでプレゼンテーションをすることになりました。
このイベントのテーマはズバリ「海外展開を目指す企業のためのマッチングイベント」。
僕は仕事で地域を世界に発信していくということをやっているので、それをプレゼンテーションします。
6分で短いけど、そこで何か色々とつながると良いなあ。

(閲覧申し込みは2日までです)
http://ct-forum-exhibition.smrj.go.jp/