2016年10月21日金曜日

Vookがインターン生を募集します!

映像ジャンルのスタートアップベンチャーVookをやっていますが、この度インターン生を募集します!



インターン生は、1・2年生でも、3・4年生でも構いません!

今Vookは、大きな成長曲線を描いており、それをサポートしていただけるインターンの方を募集しております。
僕も実は、学生時代に様々なところをインターンし、そこで実践的なことをいろいろと学びました。
これから3-6ヶ月、もしくは1年で成長していきたい方、またVookに興味ある方是非募集していますー!


私たちについて


「アジアのクリエイティブハブを作る」というビジョンのもと、映像クリエイターの基盤を作り上げる事業をしています。


映像クリエイターに特化したサービスとして先日資金調達も実施しました。



【映像クリエイターのための制作ノート共有サービス】

撮影・編集・照明など映像クリエイターが困るようなことを共有していくサービスです。
ノウハウを共有し、日本の映像クリエイティブの発展を目指します!

【国内初ポートフォリオ共有サービス】
http://vook.vc/

映像クリエイター向けの招待制・審査制のポートフォリオ共有サービスです。



チームについて



現在も学生・29歳以下の映像コンテストとして続く、「my Japan」を立ち上げた3人がVookを立ち上げ運用しています。
また学生をやりながら、エンジニアで活躍する人もチームメンバーで刺激になると思います。
学生時代は、学生団体として3人で立ち上げたため、学生団体の方もアドバイスできますし、学生時代にどのように過ごせばいいかなどもお話しできるかと思います!

どんなことをするのか?


1、サービスの改善作業
ポートフォリオサービス、制作note共有サービスのサービス改善作業をお手伝いしていただきます。

2、Vook Space の運用
Vook Spaceでのイベントの様子

Vookは代々木にVook Spaceという、イベント会場兼コワーキングスペースを運用しており、それのお手伝いをお願いします。
特にイベントの運用などは大切な仕事です。

3、代表、取締役のサポート
現在、急成長のスタートアップであるため、様々な業務を社長・取締役の元でやっていただきます。


求める人


・スタートアップベンチャーで経験を積み、成長を積みたい方
・映画や映像制作などに興味がある方
・クリエイティブなことが好きな方


期間

3ヶ月から半年の期間で週3-5で空けられる方。
学校の授業に行きながらなども可能で要相談

得られること

・スタートアップベンチャーの成長の内部がしっかりと見られます
・様々な業務が体験でき

・ウェブのサービスについて学べる

・就職先など将来のキャリア設計についてサポートします。

・VRなど最先端の分野なども学べます。

・様々なクリエイターと触れられる


その他環境面


・オフィスは代々木から徒歩30秒のところにあります。

・交通費、ランチ代は支給します

・Vook Spaceでは4Kプロジェクターを入れており、定期的にPSVRや映画上映などを開催しています


最後に


僕は、学生時代は、学生団体を立ち上げ起業もしました。
今28歳ですが今までの経験をいろいろと教えられると思います。
映像やクリエイティブ関係なく、成長したい!という方を大歓迎しています。
Vookの成長を一緒に支えてください!


お申し込み方法


検討しているとかでも是非お申し込みください。
内容などを直接お話しできますので。
申し込み先↓
https://goo.gl/forms/4akBHs3lBEPCIEW82

2016年10月3日月曜日

[映画]純粋なアントレプレナーシップを思い出したい起業家のために見るべきドキュメンタリー

我らがNetflixで前々から見たいと思っていた『インターネットの申し子:天才アーロンシュウォルツの軌跡』を見ました。

アントレプレナーなら見るべきドキュメンタリーですね。
彼は、スティーブジョブスにもつぐアントレプレナーになったはずとも言われていた人で、26歳で亡くなりまりました。

2-3歳の時からPCに触れ、プログラミングを自然と身につけ、14歳の頃にはRSSの開発を行っていた彼は、ネットの中の真のアントレプレナーである。
のちに、10代でクリエイティブ・コモンズの立ち上げに関わり、スタンフォード代に入り、その後Ycombinetorの支援で事業を立ち上げたあのソーシャルブックマークサービスRedditの一員になる。その後、事業売却。
Redditより


その後彼は、世界中のすべての論文のオープン化を目指し活動したが、FBIに逮捕される。
最終的に彼は逮捕され、大きな罰金と懲役が言い渡され、その後自殺する悲惨な結末をたどる。アメリカ政府のネット規制のせいでこのような事態になったのだが、まあ、そこのところは置いておいて、起業家として純粋に世界の矛盾を見つけ、変えていこうとする彼の姿勢のグッとくるものがあった。

アントレプレナーの種類は様々だ。

その中でも世界を変えようと仕組みごと変えてしまう姿勢というのはアントレプレナーには必要だ。
自分も起業し、映像のクリエイティブ環境を変えるべくVookをやっているが日々の作業に追われて、自分が変えたい世界というのを見失いがちだ。



彼のインタビューでグッときた言葉があったので掲載しておく。

『与えられて生きているだけで満足したらダメだ。大人に言われたことをやり、親や社会に従っていないで、常に疑問を持つべきだと思う。科学的な考え方では学習したすべてのことを一時的なものと考え反論や疑問をぶつける。 一度社会に根本的かつ重大な問題があると気付くと、忘れたり見過ごしたりできない。』


世界を変えよう!
Netflixで是非ご覧ください!
ちなみに1時間40分と長く、後半の方は辛いのでそんなに見なくてもいいと思いますい