2010年11月23日火曜日

成功した面も大失態した面も。TEDxYouthを開催して思ったこと

おとといTEDxYouth@Seedsを開催しました。
このイベントは20代の活躍している日本人にアイデアをプレゼンしてもらうというもの。
今回20代のTEDは日本で初めてで、僕はディレクターをやりました。





場所は慶應大学日吉キャンパス。
観客は満員でした。
















当日はトラブルが続々・・・

当日はトラブル続きでかなりテンパリました。
・アーティストのスプツニ子さんという方を最後の締めにおこうと思っていたのですが、当日朝風邪をひいてしまわれたらしく、欠席
・最初のオープニングビデオ流れない
・会場超寒い
・岡本(自分)スピーチがド下手
などなど。

ただ予想外の出来事にあたふたしましたが、なんとかなりました。



準備不足!自分のバカ!またもやみんなの前で大失敗

















僕は挨拶とTEDについてというプレゼンをやったのですが,何故か緊張しまくりで訳の分からないプレゼンをしてしまいました。
企画を何ヶ月前から準備してきたからかな?
寝ていなかったということかな?
でもはっきりとしていたのは他のことに一杯一杯で完全準備不足だったということ。
他の登壇者は超立派にプレゼンしているのに、自分だけ言葉忘れてしまったり、あたふたしてしまい、完全にやってしまいました。
プレゼン終わった後、「うわ・・・終わった・・・」と泣きそうになりました。
見ていた皆さん、お見苦しいプレゼンしてしまってすいません!
そしてメンバーのみんな、本当にすいませんでした!
自分ディレクターなのに何しているの!!
これは、ものすごく凹みました。
もっとプレゼンうまくなったり、緊張しなくなるように頑張ろうと思いました。
自分は準備しないと絶対に出来ない人なので、今後は準備しっかりとやろうと反省しました。


登壇者の、プレゼンは評判高

















登壇者は僕と違ってプレゼンが超うまかったし、内容もしっかりしていたので、評判が高かったです。
実は6人の登壇者ともプレゼン内容を何度も何度も詰めまくったので自信は一応ありました。
(徹夜をして一緒にプレゼンを作った人もいます)
・バングラディッシュでイーランニングをやっている税所くん、「不可能」がないこと
・写真家安田さんは写真というものを使いながら少しずつ世界を変えて行くということ
・清水さんは、答えを1つだと考えずに何でも「問題化」するべきということ
・サイクリニスト山崎さんは、目標を人に言ってみることということ
・書道家の永田さんは「伝統の残し方」
・物理学者の村主さんは、人間について、宇宙とプログラミングが教えてくれたことということ
などなど。

参加した人によると、ジャンルが全然違う話を短い時間(平均6分くらい)の時間で聞けたのですごく刺激的だったらしいです。
準備しっかりとして良かった!















当日のプレゼン内容は上の写真のようにビデオで取りましたので、後日TEDxYouth@Seedsのサイトで見られるようにしますので是非そちらをご覧下さいね。





交流会のショートプレゼンも評判高























交流会のときに3分プレゼンを参加者から公募で募集し、行ったのですが、こちらも評判が高かったです。
6人プレゼンを行いテーマは「宣言」

・有機野菜を日本に広めて行くという宣言
・老人ともっと話してみるということを勧めるもの
・写真を通じてもっと多くのことを伝えて行く


などなど字面では伝わって来ないすごい素敵なプレゼンでした。
こちらもサイトで見られるようにする予定です。


最後に


















このイベントをオーガナイズして、今回様々なジャンルの人と話しました。
そのことで自分自身の視野がものすごく広がりました。
そして元気な20代が日本にはいるということにも気づけ、すごく刺激的でした。
自分ももっともっと頑張らねばと思ったきっかけになりました。
またこのイベントが良ければ来年も行おうと思っています。
今回は参加してくださった皆様本当にありがとうございました。
参加していない皆様も後日動画をアップしますのでもう少しお待ちくださいね。


おまけ

今回アメリカのTEDのプレゼンを数個参加者の方に動画で見てもらいました。
すごく面白かった!という人が多かったので、以下に貼っておきますね。



アドーラ・スヴィタク 「大人は子供から何を学べるか」



デレク・シヴァーズ 「目標は人に言わずにおこう」




マット・リドリー: アイディアがセックスするとき



プラナフ・ミストリー :次なる可能性を秘めたSixthSenseテクノロジー




交流会で再生できなかった
デレク・シヴァーズ 「社会運動はどうやって起こすか」

2010年11月14日日曜日

NHK「おはよう日本」に出ます。

今年の4月〜8月に行ったmy Japan









そのmy JapanがNHKの「おはよう日本」にでます。








ついに全国波でみんな起きている時間です!
(今までは、ほとんど深夜放送でした・・・)
多分僕も出演すると思います。
15日(月)6時45分ごろからです。
(但し緊急放送時は変更になりますのでご了承下さい)


是非ご覧になってください。

2010年11月10日水曜日

2010年3本目の企画TEDをやります

4月〜8月
学生が日本の良さを世界へ発信するCMコンテストmy Japan
http://my-jpn.com/






8月〜10月
TBSと一緒に番組化したTBS学生CM甲子園
http://www.tbs.co.jp/cmkoshien2010/













というように、2010年は2本企画をやりました。
それで今年3本目の企画として今度はTEDxYouthというイベントをやります。
http://youth.tedxseeds.org/



TEDとは何??

TEDとはアメリカのプレゼンテーションのカンファレンスです。
向こうでは超有名なカンファレンスで、クリントンやアルゴア、DNAの螺旋構造を発見した人やgoogleのCEOラニーペイジなどなど各ジャンルのすごい人たちが18分以内でプレゼンするというもの。

こんな感じでプレゼンします。
マイクロソフト・ビルゲイツのプレゼンテーション
管理人は、あの「FREE(フリー)」を執筆したクリスアンダーソン

クリスアンダーソン


こんな感じですべてWebの動画で見られるようになっています。
もちろん日本語でも見られます。

Webサイトはこちら 

TEDについての動画(4分程度)




日本人20代のためのTED行います。



そんな有名なTEDですが、今回初めて日本で20代に絞って行います。
11月20日(土)にTEDxYouth@Seedsという名前で行います。




今回学生団体adoirとしてこの企画を行い、僕はディレクターとして立ち上げを行っています。
TEDというものは、日本でも実はあるのですが、茂木健一郎さんとかロボット博士の石黒さんなど一流の人が登壇しているもので、若い人が出るチャンスがないのです。

そこで今回若い人にフォーカスして、日本の20代から日本を元気にして行くということで、立ち上げることにしました。

ぜTEDxYouth??


もともと僕がやりたかったことは、

「若者が発信できる場を作り、日本を元気にして行く」
です。

TEDは短くプレゼンしたものを、ウェブ動画で世界中に配信します。
そのため、日本の若者を日本だけでなく世界にも発信することが可能です
TEDを通し、「若者ってまだ大丈夫!!」というのを多くの人に持ってもらいたいと思っています。











プレゼンの内容としては未来に向けての宣言。
今の日本の20代がどのように生き、どのように戦って行くかを宣言してもらいます。



際に誰がプレゼンするの??

今回20代で元気な様々なジャンルの人を集めました。
登壇者は今のところ7人です。
21歳から29歳までいて、幅広いです。


税所篤快(21歳)
〜バングラディッシュの教育を変える大学生〜

まずは僕と歳が変わらないバングラディッシュの教育を変えた税所くん。












彼はノーベル平和賞を穫ったグラミン銀行と一緒に日本の東進ハイスクールの教育システム(DVD教育やイーランニング教育)を貧困の地帯で行っています。
貧しい人たちにも最高の教育をビデオで与え、バングラディッシュの東大と言われているダッカ大学に合格してもらうというもの。個人的に、登壇内容を詰めるため、バングラディッシュからスカイプで話しましたけれども同世代でピカイチにすごいと思いました。


スプツニ子(25歳)
〜世界で絶賛。数学、テクノロジーを織り交ぜた新鋭アーティスト〜












この方は数学者の両親を持つ、アーティストです。
彼女自身もロンドン大学の数学を選考し、その後アートの世界最高峰のロイヤルカレッジオブアートを卒業している人です。
それでこの人は作品がものすごいです。
テクノロジーとかジェンダーとかポップカルチャーを織り交ぜながら、映像や音楽を作り、海外からかなり評価されています。
文字だけだと分からないので作品を。

まずは「生理マシーン」
これは男性でも生理を体験できるというマシーンです。




他にもものすごく面白い作品があるので、こちらから見てくださいね。
http://sputniko.com/blog/

山崎美緒(28歳)
〜アフリカ5000kmを自転車で縦断した女性〜












この方は、アフリカ5000kmを自転車で縦断した女性です。
あのアフリカを女性でしかも自転車で一人で縦断したのです!!
自転車は世界をつなぐをコンセプトに30カ国3000人の女性が参加する中東平和サイクリングイベント「Follow the women」の日本の代表もしています。
僕は知り合いから紹介してもらったのですが、会った印象としては、今まで会って来た中で最強とも思われる人としてものすごいエネルギーを感じました。



清水章弘(23歳)
〜日本人の「学び方」を変える東大起業家〜


この方は今の日本の詰め込み型教育を変えるために、「学ぶ力」「学び方」を身につける始動を中心として教育系ベンチャーを立ち上げている東大生です。
僕の尊敬していた方で、上に書いた税所君は後進国の教育でしたが清水さんは「日本の教育」です。
どのように日本の教育を変えて行くのかなど聞き所は本当に満載だと思います。
ちなみにまだ23歳でここまでしっかりと事業化出来ているのは本当にすごいと思います。

安田奈津紀(23歳)
〜子供の笑顔を撮り続けるフォトジャーナリスト〜


(C)Natsuki YASUDA / studio AFTERMODE



続いては、東南アジアの貧困や中東の難民問題を写真という媒体を通し、日本の人に伝えている女性写真家。
彼女の写真は特徴的なのは、「子供の笑顔」です。

(C)Natsuki YASUDA / studio AFTERMODE












普通、貧困とか難民問題を伝えるときって、苦しそう、悲しそうな写真を撮りますよね。
そうではなく、こんな感じの笑顔を撮り続けます。


永田紗戀(29歳)
〜女性の気持ちを描く書道家〜














続いては、女性ならではの書道を書き続ける女性書道家です。
書道って「取っ付きにくい」「固そう・・・」という印象ですよね。
個展とかやっていても好きじゃない限りそんなに見ないとは思います。














そんな書道ですが、彼女の作品は若い女性を中心に幅広い層に支持されています。
描いているのは女性の気持ちです。
見ると分かりますが、とても奇麗ですよね。


村主崇行(28歳)
〜宇宙の始まりを研究〜










彼は京都大学で、コンピューターシミュレーションを使いながら惑星や天体について研究しています。宇宙の始まりなどを解明しているとのこと。
物理学とプログラミングを使いながら研究しているらしいです。
文系の僕にはほど遠い存在です・・・


というように様々なジャンルの元気な20代を集めます。
プレゼン内容は全員面白いと思います。


閲覧数名募集します!

そんなTEDxYouth@Seedsでは現在数名閲覧者を募集しています。
・同じ世代から刺激を受けたい!
・自分も今後何かやりたい!

という方におすすめのイベントです。

こちらから申し込めるので是非よろしくお願いします。
TEDxYouth@Seeds公式サイト
http://youth.tedxseeds.org/

2010年11月3日水曜日

痛かったけど勉強になったCool Japan Tokyo-Conference

昨日は、Cool Japan Tokyo-Conferenceという経済産業省が主催のイベントで登壇してきました。
















第一部は佐藤可士和さんや隅研吾さんなどが登壇し、第二部のクールジャパンストーリーの紹介というところで5分間のプレゼンテーションをしました。















このセッションは一般から公募したもので、僕は123の中から6つに選ばれた1つでした。
プレゼンテーションを見るのは、AKB48などを手がけた秋元康さんや脳科学者の茂木健一郎さん、チームラボの猪子寿之さん。
僕はmy Japanのプレゼンテーションをしたのですが、そこでもうこれ以上ないくらいにボコボコにされてきました。

学生が日本の良さを世界へ発信するCM&Webコンテスト








http://my-jpn.com/



言われたこととしては、


・若者、若者いうちに若者は離れていく。「学生」から離れた方が良い(秋元さん)
・有名な審査員とか観光庁とかいらないんじゃない?もー、そういうのが古い!(茂木さん)
もうちょっとグーグルっぽいアナーキーな感じで頑張ってほしい(茂木さん)
30秒以内の規定なんかいらねえ、非営利なんだからMAD動画でもいいじゃないか。真面目過ぎる(猪子さん)


などなどでした。


Twitterでも一般の人から
やっていることは凄く好きだけど妙に大人びていたりして、とんがってはいない気はするので、「学生」ってこととかはもういい加減やめようよ」
などなど言われました。
三人に色々と言われて、悔しかったけれども何も言い返せませんでした。
「絶望的な顔しないでよ」と秋元さんに言われましたが、壇上に立っているときはまさにそんな気持ちでした。
自分の力のなさ、学生という小ささをすごくすごく感じました。
400人近くいる人の前、そしてユーストリームで結構見られている前でここまで言われた上に、NHKのニュースで、ボコボコにされている僕の顔が全国に出たらしく、久しぶりに凹みました。


ただ、今日朝起きてみて、色々と考えたのですが、改めて考えてみると本当に良い経験をしたなと思いました。
一流の人にここまで指摘されることはあまりないですし、ちょっと最近NHKとかTBSとかでmy Japanが取り上げられたりして、心のどこかで天狗気味になっていたので、企画を一から考え直すきっかけになりました。


今、自分に必要なことはmy Japanを一から考えること。
何を一番やりたいのか、それを徹底的に具体化して、企画の狙いをしっかりとすることだと思っています。
昨日は、かなり痛い経験でしたが自分の人生においても、my Japanにおいても本当に良い経験でした。
もっともっと頑張ろう。

2010年11月1日月曜日

Cool Japan Tokyo Conferenceで登壇してきます

明日、東京デザイナーウィーク内のイベントであるCool Japan Tokyo Conferenceで登壇してきます。
経済産業省主催 Cool Japan Tokyo-Conferencehttp://www.cj-conference.jp/



当日は第一部、第二部、第三部に分かれていて、僕が登壇するのは第二部の「あなたのCool Japan」というセッションです。
 このConferenceは参加する人が本当にすごくて、第一部は
 
杉山 知之
佐藤 可士和

隅研吾











などなどが登壇。
僕がプレゼンをする第二部は
秋元康
茂木 健一郎


が司会。

もちろん僕がプレゼンするのは、先日行ったmy Japan








次の展開なども話す予定です。 
こんな場で話せるなんて、今からワクワクしています。
と書きつつもかなりドキドキ。
がんばろ!!!