2011年9月24日土曜日

アメリカン・エキスプレスリーダーシップセミナー初日

今日はアメリカン・エキスプレス リーダーシップセミナーでした。
このセッションは、NPO法人ETICが主催する3日間の合宿形式のアントレプレナー育成のためのものです。

アメリカン・エキスプレスは、独自のリーダー育成の考え方を持っているようで、今回は日本のアントレプレナーを排出するためのCSR活動。



参考:【アメックスのリーダーシップ開発の話】
http://choicenext.blogspot.com/2011/06/blog-post.html


今回は特にソーシャル・アントレプレナーの育成セッションです。
講師は、孫正義氏の弟で、yahoo立ち上げや中国のSNS人人など、IT界を牽引してきた孫泰蔵氏でした。

孫さんはアントレプレナーの心構えやイノベーションの定義などを講義。
1時間30分×2という大変豪華なものでした。

内容も素晴らしく、
すごく今色々なことを考え、学んでいます。
自分の中で何かが変わる予感。

この3日間、脳がスパークするくらい考え続けます。
寝られない!

2011年9月21日水曜日

terramotorsに行ってきました!

今日はterramotorsという電気バイクの会社の社長 徳重さんに会ってきました。
そこでお話しして、学んだことがあるので書きたいと思います。


海外で学ぶこと、働くことの2つの意義

テラモーターズは今アジアを中心に電気バイクのシェア拡大を目指しています。

sankei bizより引用
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110915/bsl1109150501002-n1.htm
--グローバル展開に向けた具体的な動きは
 「現在は中国の協力工場で電動バイクを製造しているが、生まれながらのグローバル企業を 目指し、いま社員を東南アジアに派遣して、現地のパートナーや消費者の嗜好、市場動向などの調査を行っている。幸いにも、中国以外のアジアでは日本企業の ブランド価値は高い。とくに、二輪車は日本メーカーの世界シェアが大きいこともあり、日本での実績は不可欠だ。このため、国内での販売拡大に向けて尽力し ながら、東南アジアでの拠点づくりも急ぐ方針だ」

徳重さんはMBAを取得してからこの会社を立ち上げました。
海外で学んだことの意義として2つあげていて
1つ目は、「ディスアドバンテージの克服」。
海外で学ぶこと、働くことは、サッカーとか野球で言えば海外リーグに行くこと。
そこでは言語もそうだし、それ以外でも当然大きな”ディスアドバンテージ”があります。
そのディスアドバンテージを克服することが一つ目の大きな意義。

2つ目は、「グローバルで出来るという自信」です。
世界に対して対等に出来るということ、
そこが大きいといいます。

確かにスポーツでも同じですよね。

海外にしっかりと出て、経験していかねばなと痛烈に思いました。

キーワードと自分の強みを作る

徳重さんはもともと住友海上保険にいました。
そこからMBAで海外に行ったのですが、海外の人から見られる自分のキャリアはそこまで評価されなかったみたいです。
向こうでは日本の大企業は評価が低いみたいです。
大きなチャレンジもしていないし、スピード感も遅い。

だからこそ自分が何ができて、何を強みに、何をキーワードとして生きているのか。
そこが海外では評価されます。
日本は肩書きが大きな人の評価の軸となっていますが、海外では通用しないです。

大企業に入るとしても自分の強み、キーワードを作らなければ、そこが潰れたときに何もできなくなってしまいますよね。
スポーツ選手と同じで、自分のチームが潰れてもネクストステップへいけるようにしておくのが実は今後リスクを下げる働きかたなのかもしれません。

僕自身はもっともっとチャレンジしていかなければなと思いました。
徳重さんは考え方が戦略的であり、かつ起業家精神にあふれていて、本当に刺激されてきました。

my Japan Award 2011投票開始!


my Japan Award2011の投票が始まりました!
今年のテーマは、「10年後の日本の未来」。
30秒以内で学生が動画で表現しました。

”エネルギーはこうなってほしい!”
”高齢化社会はこうなっていれば面白い!”
”日本の空気はこうなってほしい!”
”震災の記憶は、大切にしていこう!”
というようなこんな「日本になってほしい」という学生のメッセージがたくさんあります。

あなたのお気に入りの作品は何ですか?
投票は29日まで。
どれも30秒で見られる動画ばかりです。
是非投票してみてください。

投票はこちらから。
http://my-jpn.com/votetop/

2011年9月16日金曜日

tabippoに行ってきました!

昨日はtabippoという世界一周を広めるための団体のイベントに行ってきました。
 場所はCCレモンホールで2000人収容の所。
当日はなんと1800人も来ていました。

内容としては、世界一周に行った時の話をシェアしたり、
風間寛平さんがゲストに来てアースマラソンのことを話したり
とフランクで楽しいイベントでした。

今回とても感心したのは、「ジャンボ宝くじ」という企画。
当日、整理券が配られ、当たれば何十個もあるプレゼントを もらえるというもの。
1800人もいるわけだから当たるわけ無いのですが、
「もしかしたらiPad自分にも当たっちゃうかも」など思いながらドキドキして参加できました。
会場に来た人を巻き込んで、一人ひとりが参加した!と思って帰ってもらえるというところがイベントとしてよくできているなと思いました。
またMCもものすごくうまかったです。
参加者を笑いで巻き込んでいく姿はもやは学生とは思いませんでした。

僕は、学生でmy Japanをやっていますがはっきりといってイベントとしての歴然とした差を感じてしまいました。
ということで昨日はすごく刺激をもらってきました。

また個人的には世界に行きたくなっちゃいました。
やっぱり、世界に行った人の話を聞くと行きたくなっちゃいますよね。

来年あたりを目処に色々なところに行く企画を企てています!

2011年9月14日水曜日

次への一歩二歩へ、走る!

今日は、朝久しぶりにランニングを。
今週末、サッカーの試合が2試合連続&審判を行わなければいけないので、かなり鍛えなければなりません。
久しぶりに走り、背筋が痛くなっていますが今週は毎日走ろうと思っています。

その後、my Japanのメンバーの面談と新プロジェクトのミーティング。
新プロジェクトは、ちょっとあまり書けませんが、様々な個人のアイデンティティをウェブで出していくというもの。
日本人は、同質性を好みますが、これからは自分が何者であるかが大切な時代。
そんな時代を創るべく始まったプロジェクトです。
このプロジェクトは、ラジオのイベントの時に知り合いになった方と始めたもの。
つながりは、何を生むかわかりませんね。


その後、NPO法人ETIC×アメリカン・エキスプレスが行うリーダシップ講座の説明会へ。
これはアメリカン・エキスプレスがお金を出している3日間の合宿型の講座で、参加費は無料!
ソフトバンクの孫さんの兄弟である孫泰蔵さんなどが3講義も持ち、他にも丸善の社長なども来ます。
テーマもリーダーシップとイノベーションということでとても面白い。

ちなみに今日イノベーションについて「それがあることによって戻れないもの、不可逆的なもの」という定義をしている人がいて面白かったです。
確かにiphoneがあるとケータイに戻れないように、イノベーションがあると元にはなかなか戻れませんよね。

参加者も面白そうなメンバーで良かったです。
9月の終わりに開催されます。
楽しみです。

2011年9月12日月曜日

直島へ行ってきました。

久しぶりに羽を伸ばして「直島」というアートで地域活性化をした香川県の島へ行ってきました。 みなさまもご存知かもしれませんが、ここは安藤忠雄さんなどの建築など素晴らしいアートや建築があります。島も綺麗で感覚も研ぎ澄まされて来ましたし、リラックスもしてきました。このような地域の活性化の仕方があるのだととても感動してきました。


この草間彌生さんの作品にはたくさんの観光客が写真を取っていました。
海が本当に綺麗で作品も、美しく見えるのですよね。



海と作品が一体となって、空間を作ります。

建物も素晴らしいです。屋根に書いてあるのはひらがなや漢字。
白と透明なガラス、そしてこの斬新なシルエットが調和していて美しかったです。
 青空も更に引き立てますよね。


 お昼ごはんは、自然派。
エキゾチックであり、島的な空気感が漂うお店でした。




猫も島のゆったり感にうとうと。
本当にゆっくりと時が流れています。
なぜか鬼ヶ島を発見!
大洞窟へつながります。

危険なので、しっかりとヘルメットを!
中はこんな感じ!
写真ではわかりづらいですが、結構大きいんですよ。
鬼が非常に可愛かったのは、何かと思ったが・・・



夕方になると・・・
凄まじく綺麗なんです。
僕は男友達と一緒に行ってしまいましたが必ずカップルで行くべきだ!と痛烈に思いました。
すれ違う観光客はアベックばかり。、。。

直島というところは気候が本当にイイです。
さらにアート作品がたくさんあり、感性に訴えかけてきます。
自然と調和した美しいその風景には、非常に感化されましたし、また行きたいと思いました。
みなさんも是非!オススメです!

2011年9月4日日曜日

自分の純粋な勢いがないことに気づく

今日は午前中に経営相談会というETICが主催する名前の通り経営の相談会で、my japanを相談しに行きました。
my Japanの方向性は非常に悩んでいる所があり、未だ定まっていません。
僕が立ち上げてずっとやってきたのですが、当初立ち上げメンバーも僕だけでかなり一人で悩み続けています。
経営相談会では、あまりにも自分の中で定まり切れなさ過ぎて、いろいろな方向に議論が行ってしまいました。
自分の頭の中の構想が広すぎてあっち行ったりこっち行ったり。。。

結局、事業プランをシンプルにしてきて、さらに5年後,10年後のプランを立ててくるという具体的にしてくることを次回の課題にして終わりました。
今日一番ショックだったのは、「君は事業を着地しようとしている」と言われたことでした。
以前my Japanを始めるときにお会いした方に言われたのですが、その時は夢と希望であふれていたのに、今はなんとか着地しようとしていて面白みがないと言われて、ハッとなりました。
事業を無難にこなそうとしている自分がそこにはいて、なんというか今までの自分に非常に強い嫌悪感を感じました。
あの頃の勢いは???
というオトナみたいな会話になって本当に嫌でした。

もっともっと熱くならないと!と今日は痛感。


そのあと、学生団体applimの決勝レセプションへ行きました。
ビックサイトで行っていたのですが、会場はなんと1000人が入るところ。
大規模であり、結構度肝を抜かれました。

プレゼンの内容も面白く、僕はマーケティングが好きなので、非常に楽しく聞けました。
また、優勝した学生がすごく想いの篭ったプレゼンで感動。
想いというのは本当に大切なのだなと思い知らされました。

先程に続き、他の学生団体がこんなにも頑張っているのだから、自分もがんばらんと!と喝が入る。
今日は本当に色々なことを感じ取り、学んだ一日でした。
経営相談会の最終プレゼンは10月2日。
それまでにしっかりと固めてこようと思います。